2016.06.23環境や待遇

タクシー会社の社宅や寮への入り方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8

気になるタクシーの住環境

タクシー会社で働くときは自宅からの通勤が課題になるかもしれませんね。幸い、タクシー会社の中には、社宅や寮を備えているところが多くあります。そのためには、社宅や寮に関する情報収集することも大切ですよね。ここでは、社宅や寮への入り方についてまとめました。

社宅や寮を利用するメリットとは

タクシードライバーとして働くためには、働く場所選びも大きなポイントになります。首都圏はタクシーの利用者も多いだけでなく、流しの営業ができる可能性も大きいため、タクシードライバーとしては理想的な環境ではないでしょうか。
しかし、せっかく理想の求人情報をみつけても、通うのが難しいために諦めざるを得ないかもしれません。そのような想いをしないためには、社宅や寮を用意しているタクシー会社を探すことをおすすめします。
社宅や寮に入る大きなメリットは、通常の家賃よりも格安で利用できる点です。同じような規模の部屋に入る場合、その土地の相場よりも家賃が安いのはありがたいですよね。

どんなタイプがあるの

タクシー会社が用意する住居として、単身向け寮・一般的社宅・家族社宅などが知られています。
単身向け寮(1Rなど)はバス・トイレが共用ですが、布団を持ち込むだけで快適な生活ができることが期待できます。一般的住宅(1Rや1DK)はハイツやマンションと同じようなスタイルに特徴があり、プライバシーを保ちたい人にはうれしいですね。また、家族との生活を考えている人には、家族社宅(1DKなど)への入居が可能です。
さらに、貯蓄・積立式社宅もあり、タクシー会社の制度としても注目されています。こちらの制度では毎月の給料から資金を積み立てるため、就職後に自分で部屋を見つけたい人にはおすすめです。

どんな人におすすめ

社宅や寮での生活は、自宅から会社までの通勤が難しい人にはありがたいですよね。やはり、通勤に要する時間が増えると、心身への負担が大きくなってきます。タクシー求人サイト「タクQ」に掲載されるタクシー会社の社宅や寮は都市近郊が多いことから、通勤にともなうストレスの軽減にも役立ちます。
タクシー会社が用意する社宅や寮や相場よりも安いため、浮いた分を貯金にまわすことも可能です。新生活を始めるためには、子どもの学校などの関係で単身赴任の形を取る人もいますね。また、一時的な形での単身赴任も選択肢の一つですが、初期費用無料の単身者向け寮を利用しても良いでしょう。なお、こちらのサイトに掲載される求人案件には、ペットと同居できる社宅や寮はありませんので、その点には注意が必要になります。

住み込みのタクシー会社の入り方とは

就職後に、社宅や寮の利用を考えている人は、タクシー会社との面接時に希望を伝えておくことが大切なポイントです。そのためには、求人票で「寮・社宅」に関する記載の確認が必要になります。ただし、社宅や寮が完備されていても満室の可能性があることも知っておきましょう。
「タクQ」では、各求人案件内に「寮完備」の形で反映されています。また、求人情報が詳細に記載されているほか、「企業からのメッセージ」によって会社の雰囲気を知ることもできます。
さらに、「タクQ」では大手賃貸情報サービス会社と提携しているため、「敷金・礼金ゼロ物件」などお得な物件の利用が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のキッカケ編集部

タクシー転職のキッカケ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のキッカケ編集部

最新記事 by タクシー転職のキッカケ編集部 (全て見る)

タクQ