2016.10.22実際の仕事

タクシーは煩わしい人間関係に疲れた人におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7

気楽にできる仕事タクシー

仕事をしている人の悩みの原因となることが多いのは人間関係だといわれています。仕事は多くの人と協力して進めることが一般的ですが、会社員の場合は、同じ部署内の人間関係が固定することになりますので、その煩わしさに疲れてしまう人もいます。そこで、悩みを解決する方法の1つをご紹介します。

転職の原因となる場合も

職場の人間関係の悩みは転職の原因にまで発展することがあります。上司からの理不尽な指示などのパワハラが原因となる場合はもちろん、ハラスメントがなかったとしても相性が合わない人と仕事をすることになると、大きなストレスを抱えながら仕事を続けることになってしまいます。そういった生活を続けていると精神的にまいってしまい、転職せざるを得ない状況に追い込まれてしまうことも珍しくありません。

個人事業主という選択

転職の原因にまでなってしまう人間関係の煩わしさを避ける方法は、個人事業主として独立する方法が候補として考えられます。しかし、1人で事業をする場合は収入面で大きなリスクを抱え込むことになります。そのリスクには耐えられないという場合は、有望な選択肢としてタクシー運転手に転職するという方法がおすすめです。タクシー運転手に転職すると、タクシー会社に就職しドライバーとして仕事をすることになりますが、会社員としてのメリットを活かしながら人間関係の煩わしさを避けることが可能になります。

会社の上司はいない

タクシー運転手の場合でも、職場の人間関係がゼロというわけではありません。上司の立場に当たる人も存在します。しかし、出発前の健康管理や業務結果の見届けなどが上司の仕事となりますので、タクシーを運転してお客さんを運んでいる時間は、上司の指示を受ける必要はほとんどありません。指示を受けるのは迎車関連の指示などに限られます。そのため、仕事中に職場の人間関係で悩まされることはほとんどないといっても過言ではないでしょう。タクシー運転手になれば煩わしい職場の人間関係を考えることなく仕事に集中できます。

個人事業主のように働くという選択肢

タクシー運転手は、煩わしい人間関係がないかわりに、収入は自分次第ということになります。売上から歩合が計算されて収入が決まる分がありますので、自分の働きが悪ければ収入は増えません。その点では個人事業主と似たような面があります。しかし、最低限保証されている給与がある場合もあります。自分の頑張りが収入につながることがモチベーションにつながる人にとっては働きやすい仕事だと言えます。
タクシー運転手になって、煩わしい人間関係に悩まされることなく、のびのびと働いてみることを検討してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のキッカケ編集部

タクシー転職のキッカケ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のキッカケ編集部

最新記事 by タクシー転職のキッカケ編集部 (全て見る)

タクQ