最終更新日:2020.04.04実際の仕事

タクシー運転手に転職するやりがいやメリット

監修・著者 株式会社しごとウェブ佐藤哲津斗

どのような利点がタクシー運転手にあるか

タクシーの世界に飛び込んでみたいけれど、不安もあって二の足を踏んでいる人は多いかもしれません。どんな人でも新しい事に挑戦するときは不安が付き物です。タクシー運転手になるやりがいや魅力を知れば、やってみようという気概が沸き起こってくることでしょう。

人間関係のストレスが少ないのが仕事のモチベーションに繋がる

現役のタクシードライバーに仕事のやりがいは何かと聞くと、ストレスが少なくお金を稼げるという回答を得ることがしばしばあります。上司にいちいち自分の行動にお伺いをたてる必要はなく、自分で考えて自分で行動し稼ぐというタクシー運転手は、のびのびと働ける職場環境ということなのでしょう。人間関係に対するストレスが少ない仕事は長く続けられる傾向にあるので、職場の雰囲気に馴染めなかったり、人間関係で悩んだりしている人は、タクシー業界への転職を考えてみるのもいいかもしれません。

タクシードライバーになるメリットは休みの多さ

自由度が高いタクシードライバーの魅力は、その勤務システムにも反映されています。隔日勤務を行えば、毎月の労働日数はたったの12日間です。残りの12日間は昼以降フリータイムで、6日間は完全に休みです。出勤日は1日18時間ほど働くことになりますが、トータルで自由時間が多いことは多趣味な人や副業がある人にとっては大きなメリットでしょう。1日18時間と聞いて多すぎると思った人もいるかもしれませんが、長時間勤務するため途中で休憩をするのは必須であり、18時間フルで運転し続けるということはないので安心しましょう。

給与システムにも魅力は多い

多くのタクシー会社では、会社が売り上げの4割、タクシー運転手は残りの6割を得られるシステムを取っています。つまり、給料制ではなく歩合制となっているのです。そのため、稼いだ分だけ自分の懐に跳ね返ってくるので、働く気力が高まることでしょう。タクシーの世界には残業という概念はなく、勤務時間を超えても会社に戻ってこない場合はむしろ怒られてしまうという、ある意味とてつもなくホワイトな業界です。

やりがいや魅力のまとめ

タクシー運転手に対する労働時間は厳しく決められているので、過労で体を悪くするという心配はあまりありません。健康的にお金を稼げるのも、タクシー運転手になるメリットの1つでしょう。また、十分稼いだと思えば自分の意志で早めにタクシー会社に戻ってくることも可能です。職場はあってないようなものなので、対人関係のストレスも少ないのがうれしいですね。もちろん、お客さまとのコミュニケーションは必要になりますが、一期一会だと思えば心の負担は軽くなるでしょう。

The following two tabs change content below.

株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

株式会社しごとウェブは、タクシー求人サイト「タクQ」を運営してます。
【有料職業紹介事業】厚生労働大臣許可 13-ユ-306679

【運営サイト】タクQ
【コーポレートサイト】株式会社しごとウェブ