2016.06.02転職について

ペーパードライバーから未経験の採用はありか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2

タクシードライバーになりたい人は多くいることでしょうが、その中には現役で運転をしていない人もいるかもしれません。では、ペーパードライバーはタクシー運転手にはなれないのでしょうか。その疑問にお答えしていきます。

ペーパードライバーでも採用される

免許は更新しているけれど、しばらく車に乗っていないという人も多いのはないでしょうか。そのような人たちを一般的にペーパードライバーと呼びますが、ペーパードライバーであっても車の運転が好きな人もいるはずです。運転が好きな人ならばタクシー業界に飛び込んでも楽しくやっていけることでしょう。ペーパードライバーでもタクシー会社は採用してくれるので、長い間運転していなかったとしても果敢に応募してみてください。

誰もが最初は運転初心者

ペーパードライバーの人は久々の運転に不安を感じたり自信がなかったりするものですが、誰もが免許取りたての頃は公道に出る際には不安に思ったことでしょう。しかし、車に乗り続けていくことで運転技術は向上し、不安な気持ちも消えていくものです。タクシー業界で働きたいのなら空いた時間を運転の練習に費やして自信を再び取り戻すことは大切です。タクシーではお客様を乗せて走行するので、誰かを後ろの席に乗せて運転してみるのも良い練習になるかもしれません。実際の乗り心地の感想なども聞いてみましょう。

自動車教習所のペーパードライバー講習を受けよう

運転技術を1から鍛え直したい人には、自動車教習所のペーパードライバー講習を受けに行くのもひとつの手です。プロの講師から教わるドライビングテクニックは、忘れていた基礎的なことをすべて思い出させてくれることでしょう。特に安全面に関する確認事項は忘れられがちな項目です。タクシーはお客様を乗せる仕事なので、運転技術だけが重要なのではありません。安全に関する知識も得られる講習は、今後タクシー運転手としてやっていく際に大きな手助けになることでしょう。

運転面で自信がない人は別の側面でカバーを

運転する際にまだ不安がある人でも、笑顔で礼儀正しい接客をしたり、複雑な道でもよく覚えていたりすれば、お客様からの好感度は上がります。タクシー運転手はいつも流しで誰かに拾ってもらえるのを待つだけではなく、ファンを獲得して贔屓にしてもらうのもひとつの方法です。せっかく就職したタクシー業界で長く楽しく働くためにも、自分の魅力的な側面を最大限活用し、ペーパードライバーであることの不安を払拭させましょう。仕事を続けていけば運転にも慣れるので、そのうちペーパードライバーではなくなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)