最終更新日:2019.11.25実際の仕事

タクシーの転職に年齢制限はあるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手

タクシー会社は何歳まで雇うのか

年齢を問わず、タクシードライバーを目指す方の転職動機は実に様々です。
「車の運転が好き」「会社の人間関係に疲れた」「年金では不安なので定年後も稼ぎたい」「役職定年などで収入が大幅に下がってしまう」など多岐にわたります。
しかし、一体何歳くらいのタイミングがベストなのでしょうか?また、何歳を超えると採用してもらうが難しくなるのでしょうか?

法的に年齢の定めはありません

一般的に「転職に有利な年代は、20から30代」とされていますが、タクシー業界ではあまり年齢は関係ないといわれています。これは、中高年にとっては嬉しいことです。
但し、2種免許を取るにあたり、視力(両目で0.7以上)や深視力(奥行)の条件をクリアしなければならないので、健康管理と視力の維持は不可欠です。また、大半のタクシー会社は60才を定年としている所が多い様ですが、それ以降も雇用形態は嘱託となりますが、給与条件等は変わらず働けるのも魅力です。(なかには80才の現役の方もいます!)

また、少し肉体的にフルタイムで働くことがきつくなってきたら、年金などを受給しながら、労働時間を減らして定時制として働ける会社も多いのです。その様な背景もあり、他のお仕事を定年で辞めた後の働き口としても考える方も多いのです。

働く人の平均は58才前後

東京や大阪などの都市部の大手タクシー会社では、新卒者の採用などを積極的に行う様になってきています。そして、以前に比べるとタクシードライバーの平均年齢は下がってきています。
しかし、まだまだ全国のタクシードライバーの平均年齢を調べてみると「57歳以上」です。他業種にくらべて平均年齢が高く、長く働けるのも選ばれる理由のひとつとして挙げられます。

また、全く違う業種に転職した場合には、経験値がゼロからのスタートになるので、給与が大幅に下がってしまうことが多いのですが、年齢や経験年数に関係なく、売上の歩合によって給料が決まるので、いきなり高収入を狙うことができることも魅力です。

タクシードライバーは、比較的、高齢になってからでもはじめられ、役職による上下関係などに縛られることなく、上司や同僚の顔色を見ながら仕事をする必要も無い点が、中高年の方に大きな魅力となって、他の職業とは違う働きやすさがあり、長く勤めあげられる点が平均年齢の高さに繋がっているとも言えます。

何歳からタクシードライバーを目指す?

タクシードライバーの仕事は、「体力的にキツイ」「拘束時間が長い」「賃金が安い」などのイメージを持たれている方も多い様です。
しかし、実際には、「他のお仕事よりも力仕事も少なく」「休暇も多く」「収入面でアップする可能性を秘めている」魅力のある職種なのです。
近年では、新卒を積極的に採用している会社も増え、若いタクシードライバー希望の方も増加傾向にあり、女性も積極的に募集するなど、働く人のイメージが変わってきています。

しかし、メインの応募層は40~50代のミドルから上の世代が中心であることは変わりません。
60才を過ぎて未経験であっても採用してもらえる会社も多いのですが、2種免許取得援助制度が無かったり、入社祝い金の支給が無かったり、やはり大手会社では、概ね57~59才くらいまでを欲しい年齢層として絞られている様です。
やはり、より良い条件で色々なサポートが受けられる会社選びをされたいのであれば、50代後半までに動かれる方が有利となっている様です。

実は若い人にも人気です

実は今、タクシードライバーは、新卒も含め、20~30代の若者に人気の職業になってきています。違法な残業や休日出勤なども無く、仕事とプライベートの両方を充実したものにしようというワークライフバランスが実現でき、尚且つ、他の20~30代よりも高収入を狙える仕事だからです。

大学新卒の平均初任給が、およそ20万円前後です。1年目の年収にすると200万円台後半程度が一般的なようです。それに対し都内の大手タクシー会社などでは、1年目の平均年収でも470~550万円程になります。
中には初年度の最低給与保証として、435万円を保証してくれる会社もあります。一般的な企業とは違い、給与が年功序列では無いのも若者世代にとっては、魅力的といえるでしょう。

また、外国人旅客の接遇研修、東京シティガイド検定などの観光ガイド研修、など会社で受講する事ができて、英会話スキル、介護の資格など様々なスキルを活かせる場があり、それが収入アップに繋げられるのもうれしいことです。

ここまで解説してきた様に、タクシー業界の採用年齢は、20~60代と他業種と比べて幅広く門戸が開かれているのです。20代から転職し、趣味や自身のスキルアップを目指される方には高収入・安定が魅力です。60代に入ってからの定年後の再就職先としても、収入にハンデがなく、上下関係に縛られる事無く、お金を稼げて、休みもきちんと取れ、自分の自由な時間が多く持てるので、幅広い年齢層の方におすすめです!

転職の際にはタクシー業界のことをよく知っている【タクQ】に相談してみることをおすすめします。
ぜひ、間違いのない転職をしてタクシードライバーとして頑張ってください。
タクQロゴ

【入社祝い金】タクシー求人サイト「タクQ」無料転職支援サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)