2018.09.07実際の仕事

タクシーの転職が不安な方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fuan

気になるタクシーの転職について

今では、タクシー運転手の仕事は、中高年の方のみではなく20代や30代の若年層の方や女性の方の転職先としても注目されています。

固定給ではなく、売上に対するインセンティブが給与の大半を占める実力主義であるため、「収入が減らないか」、「道がわかるか」「長時間勤務に体力が続くか」「交通事故も怖いし、長く続けられるか」といった、さまざまな不安があるようです。

また、いざ応募しようと思い、ネットで情報収集すると、「タクシー会社はブラックだ」「街にはタクシーが多く、全く稼げない」「何かと自己負担で、お金を搾取される」とか、ネガティブな書き込みが多くされています。

転職して未知の業界へ第一歩を踏み出すにあたり、不安があるのは当然です。
そこで、本当はどうなのか、わかりやすく解説します。

意外と稼げるタクシードライバー

money

現在より収入が上がると考え、タクシードライバーへの転職しても実際に収入が減ってしまったら、意味がありません。

ネットで検索すると「暇で、お客さまが見つからない」とか「長い時間、働かされても収入は、下がる一方」とか、稼げていないドライバーさん達の不満の書き込みがヒットします。

しかし、どんなお仕事であっても、「成功している人」、「いろいろと稼ぐための研究を重ね努力している人」、「職場環境に満足していて楽しく活き活き働いている人」たちは、ネットにネガティブな書き込みなんてしないのです。

どんな仕事でも楽をして、何の努力もせずに成功するなどありえません。そして、タクシードライバーは、やり方次第で大きく稼ぐことができるのです。

基本的に、給与の大半は歩合給制です。つまり売上が高ければ高いほど、それに対する歩合も上がり、収入も上がっていくのです。

売上は、いかに「単価の高いお客さま」をいかに多くお乗せできるかが大事です。
そのためには、安定した高収入を常に稼ぎ出しているドライバーと情報を共有できて、日々トライしていく精神と稼ぐためのインフラが整っている「会社選び」がカギを握っています。

高収入稼ぐならやはり東京

tokyo

また、東京都の大手タクシー会社の発表によると、1年目の平均年収では470万円前後です。2年目の平均年収で年収530万円程度はのようです。

タクシーの仕事での収入は年齢や経験に関係なく、自分自身の売り上げのおおよそ60%が歩合による収入となり、そこにベテランや新人といった勤務年数は関係なく、性別や年齢のハンデが一切ないのも魅力です。

また、歩合で信じられないほど稼いでいる人も多く、2年目で800万円以上の年収を達成できている人が、決して少なくないことも特筆すべき事実のひとつです。

どうしても、稼げるかが不安の方は、未経験の方に対して、3カ月~1年程度の最低給与が保障されている会社を選ばれるとよいです。その期間に、しっかり「稼ぎ方を学ぶ」ことさえできれば、あとは何の心配もいりません。なぜなら、しっかりと稼げるからです。

体力的にはそれほど厳しくない

businessman

タクシードライバーは、一回の拘束時間が長いため一日中運転していなければならない過酷なお仕事、とお考えの方も多いようです。

タクシーの勤務体系でもっとも多いのは「隔日勤務」です。一回の出勤における拘束時間は、出庫準備~帰庫処理~車の洗車等含めて約20時間という長時間になります。
最低3時間以上の休憩が義務付けられており、好きなタイミングで休憩をはさみ、ストレッチや食事とリフレッシュできれば、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

また、一回の出番が終わったら、最低20時間以上の休みを取ることが必須です。
1ヶ月のうち最大でも勤務日数は、休日出勤を含め13出番までとなっており、12出番が標準的な出勤数です。残りは明け番のお休みか、公休となるため、比較的自由な時間が多く、連休も取りやすいです。そのため、プライベートを充実させやすくなっています。

快適な業務環境

しかも、大雨や暑い夏、厳しい寒さの冬であっても冷暖房のしっかり整った車内で快適な運転業務ができます。また、重い荷物の積み下ろしといった負担の大きい労働もほとんど無いので、肉体的にも、それほどきつくない仕事内容です。
つまり、体力的な心配もする必要がありません。
会社の設備も整っているため、仮眠もでき快適に過ごすことができます。

交通事故が不安の人が多い

jiko

タクシードライバーに関わらずドライバー職全般に転職を希望される場合、交通事故が不安という人も多いようです。

その中でも、タクシードライバーは1日で300kmほどの運転の仕事なので、一般のドライバーよりも交通事故に遭う確率や交通違反で取り締まられる確率が高いのも事実です。

そして、何よりもタクシードライバーにとっては、運転免許証は命の次に大事です。事故や違反を起こさず、点数を保ち長く仕事を続けてることが非常に重要です。

交通事故に遭わないために

otoko

交通事故に遭わない方は、何十年以上も無事故・無違反の上、常に収入も安定し長く続けています。
そのため、心身ともに健康な生活リズムを保ち、日々の運転で集中力を欠かさない様にして、基本に忠実な安全運転を心がけることが大切です。
また、万が一ときのために、事故補償などがしっかりと整った会社を選ぶようにした方が良いです。

こういった不安を払拭する意味でも、まずは「専用乗り場」や「配車アプリ」などの稼げるインフラが整っていて、「健康管理」などのコンプライアンスを重要視していて、「交通事故」の際の補償もしっかりしている優良なタクシー会社の説明会に参加してみることをお勧めします。

一口に「タクシー会社」といっても、全国に約15,000社以上あります。
東京だけでも、法人のタクシー会社は、およそ350社以上もあるのです。

その中から、自分に合ったタクシー会社を選ぶことが重要です。

不安の無い「タクシー会社選び」をするために、「タクQ」を使って、事前に無料転職相談してみるとよいでしょう。
自分の希望する条件でタクシー会社を探してもらうのも良いです。

logo_830_320

タクシー求人サイト タクQ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のキッカケ編集部

タクシー転職のキッカケ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のキッカケ編集部

最新記事 by タクシー転職のキッカケ編集部 (全て見る)

タクQ