最終更新日:2020.04.04実際の仕事

京都府でタクシードライバーの仕事

日本有数の観光都市である京都府。そこで働くタクシードライバーの仕事とは、いったいどのようなものなのでしょうか。
タクシーを利用する客層や利用客の用途から、京都のタクシードライバーの仕事を探ってみましょう。

利用客が見つかる

京都府は観光名所が数え切れないほどあります。しかし名所間の距離は意外と離れているので、公共の交通機関では移動が不便な場合も多くあります。バスを利用する人もいますが、観光シーズンともなると観光客による長蛇の列ができていることも珍しくありません。
そのようなときにタクシーが活躍します。タクシーであれば移動も速いですし、小回りもききます。途中で気が変わればルートも変更できるなど便利なので、利用する人が多くいるのです。

京都府は大阪が隣接

大阪と京都府の中心部は、他の地域に住んでいる人が思っているほど距離は離れていません。そのため大阪と京都府間を移動する際に、タクシーを利用する人もいます。また大阪と京都を結ぶ地域や周辺地域からタクシーで京都に向かう人も多くいます。
京都の魅力は、外国人やほかの地域に住む人間を惹きつけるだけではありません。近場である近畿圏の人間も頻繁に足を向けたくなるところ、そこが京都の凄いところです。長距離の利用客を探すのも、それほど苦労はしないでしょう。

固定客がつくことも

京都府に来る人は、近畿圏を除けば、日帰りする人は少ないといえます。数日間、京都府に滞在する観光客は、同じタクシードライバーを指名することも多くあります。もちろんタクシードライバーのサービスを気に入ってもらう必要はあります。しかしふだんから利用客に対して、より良いサービスを心がけているドライバーならば、問題なくこなせることでしょう。自分のサービスの質に応じて、利用客がドライバーを指名してくれる、京都府でのタクシードライバーの仕事は、やり甲斐のある仕事だと思いませんか?

会話好きの人に

会話好き、歴史好きなどの人は特に京都でのタクシードライバーの仕事がおすすめです。京都府のうんちくを面白おかしく話すことができれば、近場の利用客でも、何度も指名して利用してくれるかもしれません。英語や中国語など外国語ができるならば、さらに仕事の幅が広がるでしょう。タクシー会社から優遇されることも多いですし、外国からのお客にしても、スムーズにコミュニケーションが取れるのならば、翌日も同じドライバーを指名しようと考えるからです。また、外国語ができなくても、勉強しようという意欲が湧いてくる人も多いようです。
京都府でのタクシードライバーの仕事は、やり甲斐はもちろん、向上心も満足させてくれるでしょう。

The following two tabs change content below.
編集部

編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!