2017.03.03転職活動

タクシー会社での面接時の服装と髪型

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10

タクシー運転手の面接にはどんな服装が適切でしょうか。接客業でありサービスを提供する業種でもあるので服装は気をつけたいものです。好ましい印象や社会人としてのマナーも押さえた面接の適切な服装を説明しましょう。

面接時の服装について

一般的には面接に普段着などで行くことは、仕事に対して真面目な姿勢を感じられない印象がありNGです。職種によっては関係ないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、面接はスーツを着用しましょう。面接に適したスーツは、紺や濃いグレーなど暗い色のものが清潔感もあり無難にまとまりやすくなります。持っていない人は、できれば購入して面接に臨みましょう。ネクタイは派手にならずにブルー系のような清潔感のある落ち着いた色にし、シャツは白が好感的です。靴はきれいに磨いたものを履き、靴下も派手な柄は避けましょう。靴は黒、靴下は黒か濃紺などスーツに合う色味の無地が好まれます。

髪型やみだしなみも大切

スーツを着用すればそれだけで準備OKというわけではありません。髪型やヒゲの処理も重要です。髪は面接の前日か数日前にはカットしておくことが理想的です。ヒゲも面接の前にきれいにそり、清潔な印象を心がけましょう。タクシー運転手は接客業です。性別や年齢だけでなく職種もさまざまな人を乗車させるので、清潔で印象のよい服装が好ましいといえます。シャツにシワやシミはないか、スーツに汚れはないかなどもチェックし、適度な笑顔で印象よくしましょう。

服装だけでなくマナーも

面接は身だしなみ以外に社会人としてのマナーもチェックされます。面接室への入室の仕方や挨拶に退室まで見られていると考えましょう。入室は軽くノックして一礼も忘れてはいけません。面接官の質問には間を空け過ぎずにはっきり答えることも大切です。タクシー運転手として業務に就いたときに客への対応に問題がないかどうかも見られるので、面接の最後には『本日はありがとうございました』といった感謝の言葉を添えると印象もよくなります。

面接はスーツで清潔感

他の業種と同様、タクシー運転手の面接にもスーツの着用が基本です。スーツを始めシャツやネクタイの色も清潔感を第一に適切なものを選びましょう。そして、次にマナーも重要視されます。安全運転はもちろん大切ですが、接客業であることを念頭に置き、サービスを提供するという視点で身だしなみを整えます。面接にふさわしい印象のよいスーツを着るだけでなく、客の応対にも反映されやすい挨拶や立ち居振る舞いなどのマナーにも注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)