2016.04.24実際の仕事

タクシー運転手は20代の若者に向いている仕事です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手の仕事

実は魅力のタクシー業界

高齢化の進むタクシー業界ですが、いろいろ調べると若い人にもビジネスチャンスがありそうな仕事です。若い人がこの業界でビジネスを行うとどんなチャンスがあるのか、いろいろと検討をしてみましょう。

高齢化の進む業界

現在のタクシー業界は高齢化が着実に進んでいて、ドライバーの平均年齢は57.6歳となっています。実際にタクシーを利用した経験を振り返ってみても、若いドライバーにあたった経験は少ないのではないでしょうか。運転手と話をしてみると、企業に勤めていたサラリーマンが定年退職してから再就職したとか、以前の会社をリストラされてしまったとか、そんな人が多いのです。しかし、タクシー会社としては、若手の採用に力を入れていて、ドライバーの2種免許取得の援助など研修制度に力を入れているのです。

歩合制の給与体系

タクシー業界の給与体系はどうなっているのでしょうか。実態は、会社に所属していながらも歩合制なのです。つまり売り上げを上げた分だけ、ダイレクトに給料に反映されるというしくみです。しかし、固定給部分もあるので、成績が悪かった月でも生活する分くらいは稼ぐことができます。タクシー運転手の平均年収を見てみると、約275万円で低めに感じてしまいますが、実際の年収幅は広く、年収が1千万円を超える人も少なくないのです。

トレンド知識を生かして稼げ

タクシーは何気なく流し走りをして客を見つけているように見えますが、その走り方、客の探し方にはスキルが必要です。そんなスキルもタクシー会社からレクチャーが受けられます。そして、このスキルは若い人の方が身につけやすいのです。それは若い人の方が現在のトレンドに強いからです。たとえば、この時間ならクラブの閉店時間なので繁華街へ行けば客が拾えそうだとか、どこへ行けば客がいるかなどのトレンド情報収集は若い人の方が得意なのではないでしょうか。

ITとの融合が新しい

最近は、スマートフォンを利用したタクシー配車システムを導入するタクシー会社も増えているのです。客のスマートフォンにアプリがインストールされていて、アプリからタクシーを呼べるというシステムです。そのシステムでは、アプリをインストールしている人の居場所がリアルタイムでわかります。その人たちがたくさんいる場所の近くであらかじめスタンバイしていればタクシー利用者にめぐり会う機会が多いのです。こんな最新システムは、若い人ならすぐに使いこなせそうですよね。

やはり若い人にチャンス

最近のタクシードライバーに求められる条件は、道の詳しさよりも、徹底したマナーの向上や、IT関連機器を融合した配車システムの導入で客の待ち時間の短縮などの顧客満足度の向上が求められています。タクシー業界には年配の人には苦手な新しい旋風が巻き起こっているようです。今こそ若手が進出する業界ではないでしょうか!

転職の際には業界のことをよく知っている”タクQ”に相談してみることをおすすめします。
ぜひ、間違いのない転職をして頑張ってください。
タクQロゴ

【入社祝い金つき】タクシー求人サイト「タクQ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)