2016.04.24転職について

稼げるタクシー運転手として未経験から就職するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手になるには?

関挙げてみようタクシーの仕事

私たちがいつもお世話になっている、「タクシー」。街ではよく、運転手募集!という広告を見かけることがありますが、運転手ってどうやったら就職してなれるのでしょうか。今回は、タクシー運転手になるために必要な資格や試験について、お伝えしたいと思います。

なれる年齢は

まず、タクシー運転手になれる年齢は、道路交通法上の規定という法律で定められていて、21歳以上となっています。二種免許の取得資格を取得できるのが21歳以上であることから、タクシー運転手になれる年齢もこれに合わせた年齢になっているのです。定年は各タクシー会社が定める年齢となっており、高齢の運転手も存在します。まずは就職しなければなりません。

二種免許の取得が必要

タクシー運転手になるためには、必要な資格を取得しなければなりません。その資格には、「二種免許」と「地理試験」の2つが存在します。二種免許とは、お客さんを乗せ代金をもらって運転する場合は必ず必要になる免許で、タクシー運転手には必須の資格です。緑色に白字のナンバープレートをつけていますが、これは商業車である証拠です。二種免許は、普通自動車免許を取得してから3年以上経過していないと取得できないので、注意が必要です。

地理試験ってどんな試験

タクシー運転手になるための地理試験とは、東京都23区+三鷹市・武蔵野市と、大阪のいくつかのエリアで業務を行うときに必要になる資格です。お客さんに混み入ったエリアを指示されたときでも困らないための知識を身につける目的があり、主要道路の名前や、建物の名前が試験内容となります。

二種免許や地理試験の取得

二種免許は、自動車教習所や免許合宿で大体10日前後で取得することが可能です。また、地理試験はペーパーテストで、問題数は40問出題されます。合格ボーダーは正答率80%で、32点以上の得点で合格することができます。地理試験を受ける際は、まず、勤務を考えているタクシー会社に問い合わせをしてみましょう。タクシー会社によっては、対策を会社内でしてくれるところもありますので、効率的に勉強することができます。

応募からデビューの流れ

まずは勤務を希望するタクシー会社に応募してみましょう。電話やメールで応募すると、面接の日程が決まります。面接に合格し、就職してから二種免許取得やタクシー会社が用意する研修など全てを修了すれば、タクシー運転手として業務することができます!

転職の際には業界のことをよく知っている”タクQ”に相談してみることをおすすめします。
ぜひ、間違いのない転職をして頑張ってください。
タクQロゴ

【入社祝い金つき】タクシー求人サイト「タクQ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)