最終更新日:2019.09.03環境や待遇

タクシー運転手の心がける健康管理とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手の健康管理

タクシードライバーは、はた目で見ても過酷そうな仕事です。よって健康管理は大切なものになりそうです。この仕事をするうえで最も気を使わなければならない毎日の生活でのポイントとはどんなものなのでしょうか?また、会社としても何か行ってくれるのでしょうか?タクシードライバーにまつわる健康管理について見てみましょう。

健康管理の重要性

タクシードライバーにとって、交通事故を起こすことが最低のストーリーです。そのためには、どんなことがあっても迅速に対応できる反射神経を発揮できるように、健康な体を維持しておかなくてはなりません。昼から夜間まで業務をするような、隔日勤務などを考慮すると、日中の明るい時間帯から、夜間の暗い時間まで集中力を持続させるための体力が重要となるのです。ある時には、交通量の激しい都心を走る必要性があり、またある時は長距離をスムーズに走りきらなければなりません。そのためには、適切な休憩を取ることもありますが、ベースとしては健康な体を維持することが欠かせないのです。

タクシードライバーの健康管理のポイント

タクシードライバーが最も陥りやすい不健康な状態は、睡眠不足です。特に隔日勤務を行っているタクシードライバーにとっては、出勤日は18時間も働きます。次の日には休みとなるはずなので、しっかりと睡眠をとる必要があります。また、一日中目を使う仕事であるので、目の疲れを訴えるドライバーも多いのです。疲れ目の解消には、食生活に気を使う必要があります。ビタミンを多く含んだ食事をとるのがポイントです。ニンジンや小松菜、うなぎ、シャケ、さんま、たらこなどオススメの食品はたくさんあります。時には、イチボやアセロラなどのフルーツをとることを心がけるのも良いかもしれません。

健康診断について

タクシー会社では半年に一度健康診断を行います。健康診断の内容は年齢によって異なります。40歳未満の若い人であれば、検尿や身体測定のみの簡単な検査のみです。しかし、40歳を過ぎると、採血やバリウムによる胃部の検査や、心電図、エコー検査など、いろいろと検査メニューが増えてきます。これらの検査は、特定業務従事者が必ず受けるように義務付けられていて、異常があると業務を行うことができません。
この健康診断にパスするためには、規則正しい生活パターンを守り、正しい食生活を心がけることが大切といえます。また、タバコやアルコールの摂取のしすぎは要注意かもしれませんね。

健康管理が事故ゼロのポイント

タクシードライバーにとって、事故をゼロに抑えることはとても大切なことです。つまり、運転においてミスは許されないということです。
確実な運転をすることにおいて最も大切なことは集中力の維持です。時にはお客様と話しながら走行しなければならないこともあります。そんな時でも運転に集中できる精神力を維持できる体質を持っていなければなりません。そのためには、睡眠不足を絶対に避けるべきでしょう。また、隔日勤務を行っていると、何かと生活が不規則になりがちです。自分で時間割を作ってしっかりと睡眠時間を確保する努力が、事故ゼロのプロドライバーへの近道になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)