2017.03.22環境や待遇

タクシー会社の給料の仕組みと歩合給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6

得られるタクシーでの賃金

転職先としてタクシー業界はよく検討されますが、実際に働いた場合、どのような給与体系になっているのでしょうか。
その業界で働くにもどのような給料の仕組みか分からなければ不安です。ここではタクシー業界の給料面について詳しく紹介します。

賃金のシステム

タクシー業界の給料は大きく分けてA型と呼ばれる給料+賞与、B型と呼ばれる完全歩合制、AB型と呼ばれる歩合+賞与の三つに分けることができます。A型は一般の会社とほぼ同様の給与体系で、固定給です。B型は完全歩合制のため、稼げる人と稼げない人の差が激しいといえます。AB型は固定給と歩合を採用しているもので、毎月一定の金額は保証されながらも成果による歩合も付くという給与体系です。今のタクシー業界ではAB型がもっとも多いとされています。このような給与体系はタクシー会社によって異なり、自分に合った給与体系を採用している会社に入ることがタクシー業界への就職で成功する秘訣です。

給与体系で大きく変わる

上で見た通り、給与体系によって稼げる額は大きく変わってくることが分かります。もっとも分かりやすいのはA型とB型です。A型は固定給ですのでどれだけ仕事を頑張ったとしてもある一定額しか稼ぐことができません。ただ、これは裏を返すと仕事ができなくても一定額を稼ぐことができるということですので、これにメリットを感じる人がいるのもまた事実です。一方、B型の場合には完全歩合制ですので仕事ができないと全く稼ぐことができません。ただし、仕事ができる人からするとかなりの高収入を目指すことができます。完全歩合制のタクシードライバーの中には、月に100万円以上を稼ぐような腕利きドライバーもいます。

高収入が目指せる

タクシードライバーと聞くと、世間ではあまり稼げないイメージがあるようですが、実際は自分に合った会社を選ぶことができれば十分満足できる金額が稼げる仕事です。例えば、都内でタクシードライバーとして働くのであれば、平均年収が400万円程度です。そのため、これに少しの工夫や努力をすることができれば年収500万円程度は普通に目指すことができます。年収500万円というと一般の会社にいて役職が付いていたとしても稼ぐことができない場合もあります。年収1000万円以上になると相当な努力が求められますが、少し工夫するだけで年収500万円が目指せるというのはとても魅力的な仕事と言えるでしょう。

タクシードライバーの要素

冒頭でもお伝えしましたが、タクシードライバーとして成功するためには自分に合った会社を選ぶことです。例えば、そこまで高収入を目指しているわけではないのに、完全歩合制の会社に入ってしまうと相当苦労することになるでしょう。また、高給を目指しているのに固定給の会社に入ってしまえば、それも不満が多いはずです。入ってから不満を持つことのないように、給与体系をよく理解して、会社を見極めるようにしましょう。

転職の際には業界のことをよく知っている”タクQ”に相談してみることをおすすめします。
ぜひ、間違いのない転職をして頑張ってください。
タクQロゴ

【入社祝い金つき】タクシー求人サイト「タクQ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)

タクQ