2016.04.25環境や待遇

タクシー運転手の事故時の補償や保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手の保障・保険などは

万一のときもタクシー運転手は安心

タクシー運転手として仕事をしようと考えた時は、まずタクシー会社に就職することから始まります。その後、個人事業者として独立する人もいるかもしれませんが、個人、法人で働く運転手の事故時の補償や保険にはどのようなものがあるのでしょうか。

実際に就職すると

初めてタクシー運転手を目指す場合には、募集しているタクシー会社の求人情報をチェックしてみましょう。殆どの会社は、社会保険が完備されていますので、何かと安心な材料になるのではないでしょうか。保険が完備されているタクシー会社の場合、健康保険、厚生年金、雇用保険に加入できますので、入社日から適用されます。一方、個人タクシーとして独立した人は個人事業主となりますので、通常の自営業者と同じような取り扱いとなります。将来的には個人タクシー事業者になりたいと考えていても、10年の経験が必要ですので、その期間タクシー会社に所属しながら、社会保険が完備されているのは魅力的です。

入院したりしたら

タクシー運転手は、怪我や病気で仕事ができなくなってしまうと、どうなるのでしょうか。どんな仕事をしていても、このようなリスクは誰にでも起こりうることで、タクシー運転手であるから違うということはありません。就職したタクシー会社で社会保険に加入していますので、健康保険は使えますし、万が一長期的に仕事が出来なくなってしまった場合には、会社により様々な制度があります。求人に応募する時には、万が一の時には、どのような制度があるか会社に確認しましょう。さらに、長期離脱でやむを得ず離職することになっても雇用保険に加入していることで、失業保険の給付を得ることが可能です。

生命保険に加入できるか

生命保険会社では色々な保険があります。実際には消防士や、職業上で危険が伴うとされている一部職種については、保険金額の上限が定められていたり、入院給付制限があったりすることもありますし、加入が難しい場合もあります。しかし、タクシー運転手が生命保険に加入できないということはありません。生命保険会社によって商品内容や給付制限は全く違います。職業上の制限がない生命保険商品もあります。会社によっては団体で生命保険に加入していることもあります。生命保険に全く加入ができないということはありませんので、心配する必要はないでしょう。

事故にあってしまったら

タクシー運転手として仕事をするということは、運転する時間が長時間に渡りますので、事故に遭遇するリスクは普通に運転している人よりも高まる可能性はあります。タクシー会社では何らかの保険や共済の加入が義務付けられていますので、対人・対物については補償されるでしょう。では、個人タクシー事業者はどうかというと、個人タクシーの組合などで運営する任意保険に加入することになります。さらに、個人で別途追加の任意保険に加入している個人タクシー事業者の人もいます。

転職の際には業界のことをよく知っている”タクQ”に相談してみることをおすすめします。
ぜひ、間違いのない転職をして頑張ってください。
タクQロゴ

【入社祝い金つき】タクシー求人サイト「タクQ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!

タクQ