2016.04.24環境や待遇

タクシーの転職で気になる条件「寮付き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー会社の寮

解説 タクシー会社の住環境

これからタクシー会社で頑張って働きたい方にとって、安心して住むことができる寮は非常に便利ですよね。ここでは、寮の種類やメリット、費用などをご紹介していきます。

部屋の種類について

タクシー会社の寮は大きく分けて2種類あります。1つ目は、各会社が所有している「自社寮」で、会社の敷地内や近隣に位置しているのが特徴です。もうひとつは、通常のマンション・アパートなどを寮として会社が提供している「借り上げ寮」となります。

部屋はどういったタイプがあるのか

具体的な寮のタイプには、単身者用の「個室寮」と、家族連れで住める「家族寮」の2タイプがあります。単身者用の物件は、プライベートが守られるワンルームなどの物件が中心です。また、家族用の物件は2Kや2DKなど家族で住むことができますが、単身者用に比べると提供しているタクシー会社はかなり少なめとなっています。いずれのタイプの部屋も、最近では多くの会社がトイレ・エアコン・キッチン・ランドリーなどの設備が充実している部屋を提供しています。

住み込みのメリット

タクシー会社の寮に住む1番のメリットは、会社から近いことです。特に自社寮の場合には、仕事を終えてすぐ部屋に帰ることができますので、体力的にも嬉しいですよね。また、交通費がかかりませんのでその分を貯蓄することもできます。寮の仲間との交流を深めることもでき、休みの日には仕事の情報交換などもすることができますよ。

費用ってどれくらいかかるの?

寮の毎月の家賃費用は、勤務先のタクシー会社や寮のタイプによって異なりますが、相場としては大体3〜6万円となっています。一般的に自社寮タイプの方が借り上げ寮タイプよりも安いのが特徴です。都内にて3万円で住むことができる物件は少ないため、その点も寮の大きな魅力のひとつですよね。また、借り上げ寮の場合には、敷金・礼金は会社で負担してくれる場合もありますので確認してみましょう。

納得できるタクシー会社選び

タクシー会社の寮には自社寮や借り上げ寮があり、費用も少なくてすむなど多くのメリットがあります。また、地方からはじめて上京してきて土地勘のない方でも、寮に住めば安心して働くことできますよね。どのような部屋か心配な場合には、面接時などに見学をお願いしてみるのもオススメです。毎日住む環境は仕事においても大変重要ですので、じっくりと検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
タクシー転職のきっかけ編集部

タクシー転職のきっかけ編集部

タクシードライバーの仕事について「業界について」「実際の仕事」「環境や待遇」など、転職にお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
タクシー転職のきっかけ編集部

最新記事 by タクシー転職のきっかけ編集部 (全て見る)